[サイトマップ SiteMap][Castellano][お問合 アクセス Contact][リンク Links]ストア Store ]

  江戸の隠密 武蔵一族

 

        武蔵流忍法 

  D-01 忍者体験セミナー 団体

 

[J-01   忍者道場訪問]
[J-02   鎧 体験]
[N-03  身体術入門 2-4人]
[N-04  忍者ワークショップ]
[N-05  宅配!忍者パーティ]
[S-01  忍者ショー]
[S-02  御座船で おもてなし]
[D-01  忍者体験セミナ- 団体 ]
[
Y-01   野忍修行 山駆]

お問い合わせ先: office@musashi.ninja

一族代表 柴田バネッサ
携帯 090-3691-8165
時代アカデミー道場

東京都北区田端6-3-5

キャンセル料
 1週間前-3日前 50%
前日 70%
当日 100%



        
 
首都圏内のご指定の場所でセミナーが可能です。
 この場合、演武をするためのスペース3mx3mX3mをご用意ください。
  

*10人以上の団体の場合 (武芸忍2名+連絡忍1名が基本です。) 
忍者を追加する場合、1名につき2万


       忍者を派遣します。武芸忍2名+連絡忍1名

        
D-01  忍者体験付セミナー 10名〜

10名以上の邦人団体様コース (歴史・文化紹介コース)90分 

 日本語のレクチャーと演武

 
英語通訳は8000円の追加料金がかかります。
 手裏剣または吹き矢の1つを体験

 *オプショナル 忍者衣装着用(1着2000円)

 
体験内容 典型例  忍びマインドフルネス

  
忍者を知る
  
武蔵一族の歴史紹介・隠し武器・連絡忍「くさ」など

  
忍者を体験する
  
1.足音をたてない。 身体操法。

  
2.呼吸を乱さない。  呼吸法(気力を養うための静息)

  
3.気配をださない。 共鳴水鏡の境地

   4.九字切り


 外国のお客様が参加人数の1/3以上の場合は通訳付き英語版
 適用となります。


詳細はお問合せください。写真はFace Bookでご覧ください。 

 武蔵一族 (武蔵流忍法)

 
私ども一族の先祖は徳川家康公に従って江戸に入府した旗本で、忍びの使用に長けていたため隠密支配として徳川家とともに大政奉還まで歩み続けました。

 
特に幕末の先祖は外国奉行として配下の隠密たちを駆使し、外交に関する情報収集を行い、外国人のかかわる事件の処理、開港事務などを担当し、1862年には遣欧使節団の組頭としてヨーロッパ視察、開港延期交渉、フランス軍の招聘などに拘わっています。

 武蔵一族は、影の活動はしておりませんが、江戸隠密の伝統を継承しながら文化紹介を進めることを使命としております。400年の歴史の一部を楽しんでいただけると幸いです。